スタッフブログ

メンズ脱毛で意外に多い!VIOの需要


メンズ脱毛の人気の部位と言えば、ヒゲやひじ下やひざ下をイメージする人が多いかもしれません。でも実は人気部位の一つに、VIOがあります。日頃周囲に見られない部位だからこそ、周りに相談しづらいということもあるでしょう。今回はそんなVIOの脱毛についてご説明いたします。

そもそもVIOの部位とは?

VIO脱毛は、アンダーヘア脱毛やデリケートゾーン脱毛、陰部脱毛とも呼ばれ、Vライン、Iライン、Oラインの部位に分かれています。Vライン(ビキニライン)は、骨盤の下から太もものつけ根まで、立った時に正面側に生えているゾーンを指します。全て脱毛することもできますが、不自然でないデザイン脱毛も人気。逆三角形型や台形型など、ご要望に合わせて形と毛量を整えていくことも可能です。Iラインは、睾丸、陰茎の根元1cmまでで裏側のみの箇所を言います。そしてOラインは、肛門周りと前後の部分(割れ目の中)です。

脱毛はVラインとIラインは仰向けで、Oラインは右側を下にした横向きで行います。脱毛の前日には脱毛したい箇所を剃っておく必要があります。その為部分的に残したいという人は、事前にその部分を残しておけば勝手に脱毛される、ということもありません。脱毛は一回行っただけではまた生えてきてしまいますが、数回繰り返すと毛量が減り、毛が生える力が弱まります。2、3回はVIO全ての脱毛を行い、その後は完全に脱毛したい部位のみを脱毛していくことでイメージ通りの脱毛をすることも可能です。脱毛のイメージがわかない場合は、お気軽にご相談ください。

メリットが多いVIOの施術

女性のVIO脱毛の人気により、現在メンズ脱毛でもVIOの注目度が高まっています。今はごく一部の人のみが行っている脱毛ではなく、決して珍しいものでは無くなってきているのです。VIO脱毛は「つるつるになって逆に恥ずかしいのでは?」と思われる方もいるでしょう。でも逆に多くのメリットがあり、VIO脱毛をされた方は「脱毛してよかった!」とご満足いただいています。
VIO脱毛をすることで下着や水着から陰毛がはみ出ることがなく、スッキリとした印象になります。清潔感が増すことで、かゆみや匂いが気にならなくなり、また男性器が大きく見えるようになったり、女性にも好評とのご意見も頂いています。自己処理をされている方もいると思いますが、肌への負担が大きく毛穴から出血する場合も。カミソリでの処理は数日経てばチクチクとしてしまい、毎回処理をするにも手間がかかります。VIO脱毛をされることで、手間なく安全に脱毛することが可能で、毎日毛の伸びを気にする必要はありません。海外では、男性のスポーツ選手のほとんどが身体的、衛生的な理由からVIO脱毛をしている、とも言われています。美意識を持った若い男性のみならず、今や様々な動機であらゆる世代の方がVIO脱毛をされているのです。

施術中何が起きてもスタッフは動じません

「恥ずかしい」という思いがあり、VIO脱毛を躊躇される方もいるかもしれません。私たちスタッフはVIOを見慣れておりますので、そういった感情は必要ございませんし、気にする必要もありません。VIO脱毛は痛みを緩和させるために必要に応じて冷却をしながら行いますが、脱毛の刺激で男性器が縮む方も勃起される方もおります。陰部の脱毛ですから、身体が生理的に反応してしまうことは当たり前のことです。それを気にされて脱毛をためらっているのなら、とてももったいないことです。確かにVIO脱毛は、他の部位を脱毛するよりも少しの勇気が必要かもしれません。しかしそんなデリケートな部分だからこそ、脱毛することで大きな自信となりすっきりと気持ちの良い日々を送ることができるようになります。

フェイスはチケットや定額制ではありませんので、あなたが本当に気になる部位だけを脱毛することができます。ご満足出来る回数の目安のご案内は致しますが、コースとして契約するのではなく都度払いの為、いつでも辞めることはできますのでご安心ください。VIO脱毛の気になることやご相談もいつでも受け付けております。カウンセリングのみでも構いません。お気軽にお問い合わせください!

スタッフブログカテゴリー

ヒゲ脱毛(全体) 全身脱毛セット

ttl_side_news

お友達紹介キャンペーン 次回予約割り ポイントカード

所在地:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄5-3-35 メイブン栄ビル1-B
TEL:052-228-7871
営業時間:12:00~21:00 ※ご予約優先

FAITH PRIDE

メルマガ購読・解除

メルマガ会員様だけの
お得な特典もご用意しています!


読者購読規約
powered by まぐまぐ!
受信設定をしている方は、ドメイン「mag2.com」から
受信が出来るように設定してください
 
bnr_familia bnr_patos bnr_gclick