スタッフブログ

日焼けしていると脱毛出来ないってほんと!?


エステサロンやクリニックで行っている脱毛は、使用する光の種類は違いますが、どちらもメラニン色素に反応するという性質をもっているため、肌に負担をかけずに脱毛ができます。しかし日焼けをしている場合は、やけどのリスクが高まってしまいます。

日焼けをしていると脱毛出来ない理由

なぜ日焼けをするとやけどのリスクが高まるのでしょうか?紫外線を浴びて日焼けをすると、肌は紫外線の刺激から守るためにメラニン色素を多く生成します。日焼けと言っていますが、実際には紫外線を浴びた影響で軽いやけどを起こしているのと同じ状態ですから、日焼け直後の肌は大きなダメージを負った状態です。肌質や元々の肌の色にもよりますが、日焼けをしてヒリヒリするのはやけどをしているからです。

紫外線の刺激から肌を守るために、メラニン色素をたくさん生成するので次第に肌は黒くなって行きます。小麦色の肌は健康的に見えますが、この状態ではエステサロンやクリニックでの脱毛はできません。というのも脱毛に使用する光は、メラニン色素に反応する性質があるからです。日焼けをしていない肌なら、光を照射しても肌の奥、毛根部分にあるメラニン色素だけに反応するから、肌にはダメージを与えず施術ができます。日焼けをして肌が黒くなった状態に光を照射すると、肌表面のメラニン色素に反応してしまうのでやけどをするリスクが高まってしまうため、日焼け時は脱毛ができないのです。

日焼け・黒肌でもOKな場合もあります

クリニック脱毛やサロン脱毛で使用する、メラニン色素に反応する仕組みを応用した施術では、日焼け・黒肌はやけどのリスクが高いので施術当日に日焼けをした状態ではNGとなり、予約を取り直さないといけません。スケジュール調整が難しいからやってほしいと頼んでも、やけどのリスクがある以上施術はできないと断られてしまうでしょう。

しかし中には日焼け・黒肌でもOKな場合があります。それは毛穴に針を刺し、微弱の電流を流すというニードル脱毛という方法です。クリニック脱毛のレーザー脱毛も、毛根を破壊するので永久脱毛効果が期待できますが、現在ではニードルのみ永久脱毛として認められています。毛穴に細い針を刺し、電流を流すことで完全に毛根が破壊されるので毛は生えてきません。細いとしても毛穴に針を刺し、微弱といっても電流を流すのでかなりの痛みがあります。一方、光を照射するわけではないので、日焼け・黒肌でも肌にダメージを与えることなく施術ができるのです。

クリニックで行う場合は麻酔の使用が可能ですが、サロン脱毛は麻酔は使えないから激痛に耐えるという試練が待っています。ただし日焼けは軽いやけどと同じですから、施術前日や数日前に日焼けをして肌の炎症が治まっていない場合は、この方法でもNGとなってしまいます。

当店もOKな場合もありますので、一度ご相談ください。

フェイスでも日焼けをした状態での施術はNGとなっており、施術前後の1カ月間は日焼け厳禁としています。日焼けしてから1カ月が経過していても、肌が黒くメラニン色素が肌表面に多く残っている場合は、原則施術できません。元々の肌色については個人差もありますので、特に海やプールに日焼けをしに行ったわけではなく、日常的な日焼けだったとしてもメラニン色素が増えている場合は施術NGとなってしまいます。

ただしこれも個人差ですから、OKと判断する場合もあります。どうしていいか迷った時は、一度相談してみてください。どこのサロンやクリニックでも同じですが、脱毛が完了するまでは日焼けNGとなることを覚えておいてください。面倒でも脱毛完了までは、日焼け止めを塗ったり、UVカット加工を施している衣類や帽子を使ったりするなど工夫が必要です。日焼けを意識した際、サロンでの施術当日に日差しが強いと、日焼け止めを塗るかどうか迷うこともあるでしょう。施術前には日焼け止めを落としますので、安心してお越しください。

スタッフブログカテゴリー

ヒゲ脱毛(全体) 全身脱毛セット

ttl_side_news

お友達紹介キャンペーン 次回予約割り ポイントカード

所在地:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄5-3-35 メイブン栄ビル1-B
TEL:052-228-7871
営業時間:12:00~21:00 ※ご予約優先

FAITH PRIDE

メルマガ購読・解除

メルマガ会員様だけの
お得な特典もご用意しています!


読者購読規約
powered by まぐまぐ!
受信設定をしている方は、ドメイン「mag2.com」から
受信が出来るように設定してください
 
bnr_familia bnr_patos bnr_gclick