コラム:家庭用脱毛器編|SP

家庭用脱毛器編

第2弾はコロナ禍自宅で過ごすことが多かったので購入された方も多い家庭用脱毛器についてです。

当店スタッフもメンズフェイスに勤める前「サロンに行くとコース契約をして高額になったり、デリケート部分は恥ずかしなぁと思い自分でやろう!」と決めて7万円で家庭用脱毛器を購入しましたが、
結局使ったのは4、5回くらいでその後は光脱毛のサロンに通ったそうです。
最近は家庭用脱毛器も種類が増えて色々な口コミを見かけますが、特典や割引のために書かれた良いことばかりなので、実際に使ってみてしようをやめた方のリアルな感想をご紹介します。

【パワーが弱く効果がなかった】

脱毛効果をしっかり出すために1番大切なのが出力です。
最近「家庭用脱毛器で最大出力」と某大手メーカーさんのCMがよく流れていますが、当店で使用している機械の1番弱い出力と同じです。
男性特有の太く・硬い毛質ではなかなか効果を実感するのは難しいです。
効果をしっかり出す為にはサロンでしっかりお客様に合った強さからスタートし、毛周期にあわせて施術することが大切です。

【痛くて耐えられなかった】

「スタッフが購入した脱毛器は5段階で出力を調整できましたが、濃い箇所はレベル1、薄い箇所は保冷材で冷やしながら当てもレベル3が限界でした。
サロンで取り扱っている機械は照射面に冷却機能が備わっているため、痛みの少ない脱毛を行うことができます。
さらにメンズフェイスでは、ヒゲ・VIOの太く濃い箇所は保冷材で1ショットずつ冷やしながら施術を行うので「全然痛くない!」と言われるお客様が多いです。」

【手の届く範囲しかできない】

腕や脚の見えるところだけ脱毛できればいいかなぁと思って家庭用脱毛器を使っていたお客様は他にも「背中やOラインなど気になる箇所がどんどん増えてきたけど、自分では手が届かなくて出来なかった」と、今は全身で当店に通われています。
もともと自分でやっていた腕や脚もお店で施術してからほとんど生えてこなくなった!と喜ばれていました。

【カートリッジの交換で結果とても高くなった】

カートリッジ式タイプの脱毛器は光が出なくなったら新しいカートリッジに買い替えが必要です。
お客様の中にはカートリッジ代だけで10万円近くかかり、本体より高くなってしまったそうです。
当店に来てからは腕と脚の脱毛を8回施術して、今はパラパラとしか生えてこないので半年に一度のペースで通いとても楽になったとおっしゃっています。

【充電式を購入したが30分で充電が切れる】

スタッフの脱毛器は充電満タンでスタートしても本体が熱くなり、30分程ですぐに切れました。
家庭用のものは照射範囲も狭い為30分だと片足も終わりません。
充電中は使用できず、使えるまでに1時間以上待ち中々進まず途中で諦めてしまいました。

【肌が荒れてしまった】

効果を早く出そうと強い出力でやったら火傷をしてしまったり、毛穴から細菌が感染しておこる毛嚢炎が出来てしまったと肌トラブルがお客様の中で一番多い意見でした。
実際に腕を火傷して半年跡が残った方もいます。
サロンの機械は肌への負担が少なく、お客様に合わせた出力設定で施術をします。
さらに術後お肌をクールダウンし、医療現場でも認められている「次亜塩素酸除菌水」で消毒を行い、最後に脱毛専用ジェルでしっかり保湿をする事により肌トラブルを最低限におさえることが可能です。

今回はスタッフと来店されたお客様が買った機械についてお話ししましたが、最近の家庭用脱毛器は防水や男性専用のものなど種類も増えています。
家庭用脱毛器で効果を実感できたものがあればぜひ教えてください。
実際にスタッフでお店の脱毛機と効果に違いはあるのか検証したいと思います。

Copyright c2015 Faith.All rights reserved